ども!野川です。

今日のテーマは・・・・

◆「あなただけが頑張るんじゃない、相手も頑張るんだ。」です。

悩んでいる時に、あなたの大切な友人から相談されたとします。

あなたは、必死に解決しようとしますよね。きっと。

解決までは行かなくとも、解決しようとあの手この手をつかって、

目の前の人の苦しみを悩みを何とかしようとしますよねきっと。

人としてそういう気持ちは湧いてくるものだし、

当たり前の気持ちです。僕もそうです。

逆にそういう気持ちが湧いてこないと、相談に乗ろうなんて気持ちがあまり出てこないじゃないですか。

なので、当たり前の気持ちなのですが、この気持ちが強すぎると相談される側が頑張りすぎちゃうんです。

助けを求められると助けたくなるし

目の前で苦しんでいる人を見ると手を差し出したくなる

ただ、ここで一呼吸おいてください。

頑張るのは、当たり前ですが、あなただけじゃないんです。

問題を解決するのは、あなたではなく目の前の人です。

つまり、苦しでいる人、悩んでいる人”が”解決するんです。

そして、あなたが頑張りすぎると目の前の悩んでいる人が頑張れなくなっちゃうんです。

相談して、あなたが何でもやってくれたら”自分でやらなくてもいいんだ”ってそう思うかもしれない。

すると、自分で頑張ることをやめてしまう人もいます。

それは、お互いに良くないですよね。

一時的には良くても、長期的な目で見ると、悩んでいる人が自分で問題解決をする力を育み、乗り越えるのを妨げてしまう事にもなりかねないんです、実は。

だから、助けたい、力になりたい!という気持ちが湧いてくると思いますが!

ぐっと、ぐっとこらえて、相手にも頑張ってもらう事も必要なのです。

(頑張れない、立ち上がれない、それほどのショックを受けて疲弊している場合はもちろん別ですよ。)