さて、今日のテーマは「あの、相談相手は敵ではないですよ。」です。

悩み相談していたり、ちょっとカウンセリングみたいなことをすると、ついつい相手が敵のように見えてくることがあります。

自分が試されているようで、どうするの?どうしたらいいの?って聞かれると、自分もわかなんないよ。ってなんだか見方がいないような、そんな気にすらなる事がありせんか?(あれ?僕だけでしたか・・・?(^^;

相手が敵に見えた時こそ、深呼吸です。

一度落ち着きましょう。そもそも敵じゃないですからね。

敵に見えてしまう時は、自分がつっぱりしすぎ、自分の思い通りにしようとしすぎ、自分が頑張ろうとしすぎのサインです。

注意が自分自身にいってしまってることが多いケースです。
だから、ちょっと深呼吸をして、一息入れましょう。

ちょっと待ってください。っていうのも時に大切です。

一息ついたら、思い出してください。話を聞くのは誰の為?そして、そもそもこの時間をあなたはどんな時間にしたいの?

そんなことを思い出してみてください。

悩みを聞くという事は、一人じゃできません。そう二人いないとだめです。つまり相手がいないとダメ。

その相手を置いてけぼりにしていませんか?

聞くっていうのは、あなたが解決する為じゃなく、”一緒に”解決する時間です。
そこを忘れないでくださいね。