初めての方へ|横浜実践 傾聴講座

        

この傾聴講座は、あなたの身近な人の悩みが少しでも楽になる為の講座です。

 

カウンセラーをしているとつくづく思うこと、

それは、この話は本当は私に聞いて欲しいわけではない。

ということです。

 

本当は、身近なあなたや家族、友人に聞いて欲しいのです。

 

しかし、悩み苦しむ人を見て、

力になりたい!と思っても、

どう話を聞けばいいのかわからない人が多くいます。

 

実際に、ついつい否定してしまったり、

かっとなてしまったりすることもありますね。

 

それもしょうがないのです。

誰も悩みの聞き方を教えてもらってないのですから。

 

しかし、せっかく力になりたいという思いがありながら、

それをうまく表現できないのはもったいないのです。

なぜなら、悩み苦しんでいる方は、

本当はあなたに聞いて欲しいのです。
もし、あなたが悩みを聞く力が身に付き、

身近な人に寄り添い話を聞く事が出来たなら、

少しでも苦しむ人がへるのではないかと、

 

少なくとも、大きな苦しみを抱えずに、

気持ちが少し楽になる瞬間が増えるのではないか、

そう信じてこの講座をつくりました。

 

では、なぜ傾聴かというと

聞く力をつけるには、傾聴が大切だからです。

 

あなたは、傾聴について知っていますか?

 

傾聴とは、カール・ロジャースというアメリカの方が、

クライアント中心療法というセラピーを提唱し、

その中で用いた手法です。

 

人の話をただ聞くだけではなく、

こころの耳で聞く事、そして全身を耳にして、

相手の話を聞く事です。

 

そして、自分の状態を整え、

相手を否定したりせず、

相手を無条件で受け止め、

相手の気持ちに共感して話を聞いていく。

 

そういった態度や、共感をしめしたり、

相手が自分の心と対話ができるようにし、

自分を受け入れていけるようにする為に、

傾聴という手法があります。

 

具体的には、

気持ちを伝え返したり、言葉を明確にしたり、

語尾を繰り返したりと、様々な手法があります。

 

実践を通じて傾聴を身につけます。

 

横浜実践 傾聴講座では、

この傾聴を実践して日常生活で出来るように、

様々な練習を通じて、傾聴を身につけていきます。

 

実践といっても初めての方でも、

気軽に参加できる内容ですので、ご安心下さいね。

 

さて、悩みを抱え、苦しみ、悲しみを抱えている人が

前を向き、再び歩き始める為には、

聞くだけでは、なかなか前に進めないことがあります。

傾聴するだけでなく、一歩進めるように、気持を労わることを大切にしています。

 

そこで、本講義では、

そういった悩んでいる方が安心していられるように

落ち着いて話ができ、一歩前に進めるように、

相手の歩調に合わせて一緒に歩き

 

それまで、その方が歩んできた道のりを

”いたわり”、不安で歩き出せない時は、

その不安に声をかけ、

 

悲しみで立ち止まる事が必要な時は、

ともに立ち止まって悲しみに寄り添い

”いたわる”ことが大切です。

 

聞くだけではなく、相手の気持ちに寄り添い

相手の気持ちが少しでも楽になるように、

声を掛けていくことがこの講義の特徴です。

 

なぜ気持ちを労わる事が大切かというと、

人は、 「また歩きたい・・・」と、あなたに相談していますが、

また歩きはじめることができないのは、

気持の糸がこんがらがっているからです。

 

ねぎらいはその気持ちの糸を解いていきます。

それにより、相手は初めて

自分のこれまで歩んできた道を受け入れ、

前をむく準備ができるのです。

 

聞くだけではなく、相手の気持ちに寄り添い、

相手の気持ちが絡んだ糸を一緒に解いていく

それが悩みを一歩に変える聞く技術です。

 

毎月一回、横浜で開催していますので、

是非お越しくださいね。


 

 

また、いきなり申し込みは不安!という方の為に、

僕が講師をしている横浜実践心理学教室で

毎月1回土曜に「あっ、そうだ!傾聴講座!」という、

入門講座を無料していますので、そちらにお越しくださいね。
(クリックすると、横浜実践心理学のHPへとジャンプします。)

 


Copyright© 2010 横浜実践 傾聴講座! All Rights Reserved.