話を聞く事が大事なわけではない。

2015-10-22

話を聞く事が大事なわけではない。

  昨日は、久しぶりにお世話になったところでNLPのアシスタントでした。

もう4年ぶりくらいに

今月の初めから隔週に1回で行きは始めたんですが

いや~懐かしい!というのが印象です。

昔は、よく来てたところですが、

なんだか新鮮です。

 

普段講師をやることが多いので、

アシスタントとして参加するのも新鮮。

そして、講義の休憩時間に部屋の中をぶらぶらと歩いていたんですが、

そしたら、その歩く姿が楽しそうだったんでしょうね。

Hさんに「やっぱりこういうの好きなんですね」と話しかけられました。

そうなんですよ。 どうやら好きみたいです。

こういうアシスタントとか人のサポートするのが。

 

サポートといっても、ほとんどやらないんですけど(笑)

その空間が好きといったほうがあってそうです。

人が一生懸命に話を聞いていたり

目の前の人の事を理解しようとしたり

ちょっとした気遣いが見えたり

その人の手の使い方を見て、

「あ~頑張ってきたんだな」とか、

大事なんだな~とか感じたり

そういうシーンを見るのがどうやら好きみたい。

 

勝手にいいもんだな~人ってって

思ったりしてますからそうなんでしょう(笑)

そんなことを思っていたら、

話を聞く事自体が大事なんじゃなくて 聞く事を通じて、

その人の事を気遣ったり 労わったり、

思いやったり、そういったことが大事なんだろうなと

そんなことを思うのです。

 

聞いてもらうより、

そういう目に見えにくい心遣いがきっと大事なんじゃないですかね。

 

人が期待しているのは、

回答ではなくて きっと人のあたたかみや、

やさしさ、ぬくもりだったり、

自分一人だけじゃないという安心感だったり、

繋がりだったりを 求めていたりするもんですからね。  


Copyright© 2010 横浜実践 傾聴講座! All Rights Reserved.