ども!横浜で悩みを聞く技術の講師をしている野川です。

 

最近は、博多に行ってきて、もつ鍋がものすっごく美味しくて、

感動しました!

 

さて、今日のテーマは「頭でばかり考えてしまう人に対してはこの返答を。」です。

 

相手の悩みに対してどのように返答するのかで、

相手の反応は当然違ってきます。

 

例えば、相槌をうつのと、質問をするのでも違いますね。

 

そこで、今日は返答の仕方のバリエーションの一つをご紹介します。

これは、相手にどのような気持ちなのかを”感じてもらう”時に役に立ちます。

悩んでいると、どうしても頭で考えがちです。

 

でも頭で考えても考えてもなかなか答えは出てこないケースが多いですよね。

あたまとこころは別の事を言っているケースが多くて、こころの声を聞く事が

悩みを解決する際に大切です。

 

そこで、そのこころを感じてもらう返答が、

「~のように感じたんですね。「そう感じるんですね。」です。

 

例えば、「昨日、仕事で久しぶりにうまくいったんだけど、なんだかこのままじゃいけないって、そう思うんだ。」という人がいたとしますね。

この時はまだ頭で考えている状態でなので、

伝え返すときに、「このままじゃいけないって感じたんですね」って返すのです。

 

すると、相手は自分がそう感じたんだと、気持に意識が行くわけです。

あまたで考えた答えをそう感じたと伝え返すことで、

その人の気持ちに意識を持って行ってもらうという事です。

 

頭で考えてぐるぐるしている人に対して、使ってみてくださいね。

 

ただ、必ずしもうまくいくわけじゃないですから、その点はご了承下さいね(^_^;)

感じたと言われても、ピンとこない人もいますからね。

 

さて、横浜で話の聞き方をお伝えしています!

・悩みを一歩に変える聞く技術↓

■日時:2016/3/12(土)16:00~19:00
■場所:中央第六関内ビル11階フロア 大会議室
(横浜市中区不老町1-2-1 中央第六関内ビル 関内駅南口より徒歩3分)
詳しくはこちら!
■料金:¥5,000 ※当日お支払下さい。

■ブログランキングに参加しています!
ポチっと押して頂けると嬉しいです(^-^)

コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

■気軽に心理学が学べるお教室『横浜実践心理学教室』■
毎週(土)14:10~15:40 無料開催中 詳しくはこちら!
■悩みを聞く技術~相手をいたわる編~■
3/12(土)16:00~19:00 横浜市中区不老町1-2-1 中央第六関内ビル(最寄駅:関内)
詳しくはこちら!
■カウンセリングルーム こころ音■
失恋・喪失・人間関係の別れによる悲しみのケア詳しくはこちら!