ども!横浜実践 傾聴講座 講師の野川です。

 

人に話をしていると、

「この人はなんだか話しやすいな〜」

「なんかこの人は話しにくいな〜」

「あんまり聞いてくれない人だな〜」

とそう感じる人がいますよね。

 

話しやすい人と話しにくい人

話したいなって人と

あんまり話したくないなって人

そういう人っていますよね(^ ^)

 

もちろん相性の問題もあると思いますが、

今日はそれはちょっと脇に置いといきますね。

 

それで先ほどの話の続きですが、

話しやすいなって感じる人は、

実は聞き上手な人が多かったりします。

 

もちろんその人の優しい雰囲気や

物腰が柔らかい感じも大切ですよ。

 

でもそれ以上にしっかりと聞いてくれるとか、

一緒に楽しんで聞いてくれる。

そんな人たちに僕たちは「話しやすいな」って感じることが多いわけです。

 

そして、そういう話しやすい人には共通点があります。

 

1、一緒に喜んだり悲しんだり、気持ちを共感してくれる人

2、一方的に物事を言ったり、批判しないで、受け止めてくれる。

3、自分の興味があることに関心を持ってくれる。

4、アドバイスをしないで、考えさせてくれる。

などの共通点があります。

1をカウンセリングでは、共感的理解と言います。

 

相手の気持ちをあたかも自分のもののように感じて、

それを感じたことを言葉にして、相手と同じ世界にいることです。

嬉しかったときに、

相手も喜んでくれたら、もっと嬉しいじゃないですか。

悲しんでいるときに一緒にその悲しみと、

あなたと一緒にいてくれたら、悲しみも癒えていきますよね。

共感ってそういうことなんです。

 

2、批判せずに受け止めてくれる人には、

なんでも話してもいいかなって、思いますよね。

そこまで思わなくても、

「話してみようかな?」とは思いますよね。

人はどんな話でも、良いことでも悪いことでも、

受け止めて欲しいし、聞いて欲しいものなんです。

 

3、自分の興味があることに関心を持ってくれる。

 

これは、自分が好きな映画であれば、それを話した時に、

「どんな映画なの? 面白そう!」というように、

関心を示してくれたら、もっと話したくなりますよね。

 

このように、相手が興味があることに相手も興味を持って聞いてくれる。

こんな人が話しやすい人なのかなって思います。

 

4、アドバイスをしないで、考えさせてくれる。

 

話をした時に、最後まで聞かないで「こうしたほうがいいよ」とか、

すぐに、アドバイスをしてくれる方がいます。

それはそれで、自分のことを思ってくれて言ってくれているので、

大切なことですが、すぐにアドバイスをしてくれるよりも、

最後まで話を聞いてほしいときがありますよね。

 

そして、アドバイスをせずに、しっかりとまって考えさせてくれる人。

こういう人がいると、とっても助かりますし、

自分のことを尊重してくれていると感じますね。

そういうことが出来る人は、待つ力がある方です。

これも話しやすい人の特徴です。

 

さて、4つの話しやすい人の特徴を書きましたが、

話しやすいということはつまり聞き上手だということです。

聞き上手な人は4つのことを自然とできていることが多く、

初めて傾聴を学ぶ時は、この4つのことを意識してみてくださいね。

 

いきなりすべてではなくて、やってみようと思うところから取り組んでみてくださいね。

 

■ブログランキングに参加しています!
ポチっと押して頂けると嬉しいです(^-^)

コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

■気軽に心理学が学べるお教室『横浜実践心理学教室』■
毎週(土)14:10~15:40 無料開催中 詳しくはこちら!
■悩みを聞く技術~相手をいたわる編~■
4/9(土)16:00~19:00 横浜市中区不老町1-2-1 中央第六関内ビル(最寄駅:関内)
詳しくはこちら!
■カウンセリングルーム こころ音■
失恋・喪失・人間関係の別れによる悲しみのケア詳しくはこちら!