聞く耳をもつ。

 

多くの人は話の内容や事実を聞こうとしますが、相手が聞いて欲しいのは、内容や事実ではなく、その事実を通じて起きた気持ちを聞いて欲しいのはことが多くあります。

 

しかし、僕たちは内容を理解しようと、事実や状況を把握しようと頭をフル回転させて、悩みを聞く為、相手の気持ちをおざなりにしがちです。

 

気持ちは内容にも、事実にも状況にもありません。

それをいかに話すかの非言語にあらわれているんです。

 

だからそれを聞く耳をもつことが大切です。

相手の微妙な声の変化を聞く耳を持つことです。

「今この話の時に、声のトーンが落ちたな」

「なんだか急にこわばった声になったな」

「最初と比べるとずいぶん力強い声に変わったな。」

そんな相手の声色に気づくこと。

それが聞く耳を持つということです。

 

視覚からの情報や、思考に頼りすぎて、
相手の気持ちが見えなくなることが多くありますよね。

 

そんな時はトレーニングで、目を閉じて話を聞いて、声だけに耳をすませてみる。

すると今まで聞こえなかった声色を捉え得ることができます。

 

そんなトレーニングを2月に行いますので、相手の声に寄り添いたい方は是非お越しください(^ ^)

もちろん、声以外にも、観察力を磨くトレーニングも行います。

 

◼︎テーマ:気持ちを受け取り聞く技術
■日時:2016年2月11日(木)14:30~18:30

■場所:中央第六関内ビル11階フロア 大会議室

    (横浜市中区不老町1-2-1 中央第六関内ビル 関内駅南口より徒歩3分)

■アクセスマップ:http://www.vitsystem.com/contact.html

■料金:¥6,000 ※当日お支払下さい。

お申し込みはこちら!