相手を”いわたる”話しの聞き方講座を開催しました!

2015-10-11

こんにちは!

昨日は、横浜で相手を”いたわる”話しの聞き方講座を開催しました!

  少人数ならではの内容の濃い講義となりました!

相手を”いたわる”ということは、

相手がこれまで生きてきた人生や、

プロセス、そして相談するに至った気持ちや

その背景にある思いを汲み取り、そこに声を掛けていくことです。

 

「よくもまぁ、そんな状況で相談に来てくれましたね。」

「本当に大変だったんですね…」

という気持ちを言葉にして相手に届ける事が

相手を”いたわる”ということです。

つまりねぎらいです。

 

ねぎらいを掛けられると

自分の気持ちのわだかまりが解けたり

自分の気づかなかった気持ちに気づいたり

前に進む力が湧いてきたりします。

 

コミュニケーションにおいて”ねぎらい”はとても大切なのです。

ただ、日常生活において相手を”ねぎらう”ことは、

なかなかできません。

 

何故だと思います?

それは、”自分だって”頑張ってるんだ!

何であなただけ…! という気持ちが湧いてきてしまうからです。

 

だから、相手をねぎらう事ができません。

どうして、そういう気持ちが湧いてくるのかというと、

自分をねぎらってないからです。

その為、今回の講義ではそれぞれに”自分を”ねぎらってもらう事から始めました。

自分をねぎらって初めて、相手もねぎらう事ができるからです。

自分をねぎらってもらい、ねぎらいを体験していく中で、

ほろりと涙される方や 「自分はこんなに頑張ってきたんだな」

って 胸にぐっとくる思いがあった方など様々でしたが

みなさんねぎらいというのはどういうことかを体験されたようです。

 

お互いに、相手をいたわりながらコミュニケーションをとっていく時間というのは

とても大切で、素敵な時間です。

そんな時間を少しでもみなさんに味わっていただけたようで、

やってよかったなと思いました(^-^) 余談ですが、

デモで受講生の一人に前に出てきてもらって、

ねぎらいを体験して頂いたのですが、

その時の僕の話す姿や声質、雰囲気ががらりと変わったようで、

「なんか急に仙人になったみたい!」

と受講生に言われました(汗

 

なんですか!?仙人って!(笑)

相手をいたわる気持ちが出てきた時、

仙人のような気持ちが出てくるのかもしれません。

(よくわかりませんが(^_^;)

仙人に会いたい!という方は、是非お越しくださいね!

次回は、11/23(月)の祝日に、17:30~20:30

 かながわ県民センターで

これまでの聞き方のまとめの回を開催します。

まとめといっても、初めての方でも大丈夫です!

(ただ少しだけ難しく感じる所はあるかと思います。)詳細はこちらです!


Copyright© 2010 横浜実践 傾聴講座! All Rights Reserved.