僕は、メルマガを書いています。

そこで、仲の良い友人にこんなことを言われました。

「野川さんのメルマガを読んで、私話聞いてなかったな」

って思いました。

と、その友人は僕に言いました。

勿論、そんなことはないのです。

ちゃんとその人は聞いてくれています。

ただ、聞くよりも話す方が好きな人ではありますよ。

 

そこで、僕はこんなことを頭の中で思ったんです。

「聞く以上の事を、あなたは知っているくせに。」って。

その子は、聞く以上の事をしっているんです。

 

それは何だと思いますか? ”本音でぶつかる事”です。

聞くだけでは、梃子でも動かない人が動くことがあります。

ただ、お互いに痛いことも多いのも確かです。

僕の選択肢の中には、

”本音でぶつかる”という選択肢は 正直ありません。

 

だから、僕が悩んだ時にその人に相談をすると

いつも、その人は本音を言ってきてくれます。

そして、よく怒られます(笑)

「野川さん、だからダメなんだよ!」

「本当に、がんこなんだから。のがんこ!」

などと、よく言われます。

 正直に話して、 正直にぶつかってきてくれる友達はいますか?

友達同士なら 変に遠慮せずに時に、

腹をわって話をすることのほうが大切な時がありますよ。