悩みを話や易い人、話しにくい人の4つの違い。

2016-02-24

悩みを話や易い人、話しにくい人の4つの違い。

 

この違いは、何だと思いますか?

まずは、「見た目!」…ではないことだけは、言っておきます!(笑)

もちろん、信頼が一番根底にはあります。

「悩みを話しても大丈夫かな?」

「他に言いふらされたりしないかな?」 というのも、大事な基準になりますから、

この信頼を土台があることを前提で話を進めていきますね。

 

POINT 1・・・悩みを話しやすい人は、安心感がある

 

この人と話して「なんだか落ち着くな~」ということはありませんか?

なんか、隣にいると安心するとか、落ち着くとかそういう感じがすることです。

それは、なんでだと思いますか?

「何となくでしょう、相性もあるだろうし、、、」 という声が聞こえてきそうですね。

 

確かに、相性もありますし、何となくもあるでしょう。

ただ、そう感じるのには”秘密”があります!

人は、自分と似た人に親近感を感じます。

何となく、しゃべり方似ているな~とか、

速度が同じだな~とか、

しゃべるタイミングが一緒だな~とか、

笑うツボも似ている等です。

そういう、似ているところに親近感を感じると共に、安心感を感じる人も多いのです。

 

それは、何故でしょうか? 答えは、いたってシンプルです。

 

”いつもの状態”でいられるからです。

無理して相手に合わせなくても、

いつもの自分の状態でコミュニケーションが取れるからです。

 

すると、無理もしてないし、

自分のペースで話せるし、自然体で話せるのです。

自然体でいられることで、警戒心が下がります。

 

例えば、こんな経験ありませんか?

初めて会う人とか、

慣れないところに行くと、

自分がいつもと違う状態で話さなければならず、

緊張を覚えたり気をはったりすることが多く、

家に帰ったらもう、バタンキューで、家族にこんなことがあったと話をして、

「やっぱり家は落ち着くな~」という経験です。

 

これは、家ではいつも通りでいられるから落ち着くのです。

 

話しやすい人というのは、

このあなたのいつも通りをつくるのがうまいのです。

 

では、どうやって作っているのかというと、

あなたの話し方(リズム・テンポ、声色、気持ちetc)に合わせているのです。

厳密に言うと合わせているというよりも、

結果的に合っていることが多いのですが、

これを意識的に合わせる技術を”ペーシング”といいます。

 

いつも通りに話せるように、

相手に合わせることで、相手に安心して話してもらう。

これが、話しやすい人の特徴の一つです。

 

話しにくい人は、これが出来てない事が多いです。

「こんなことがあって、辛いんだ(小さい声で)」

「辛いんだ!(大きな声で)」

これは、声の調子があっていなく、相手が引いてしまうでしょう。

「え?なんかいけないこと言ったかな」

なんて思ってしまうかも。 また、こんなこともよくあります。

「こんな映画最近見たんだけどさ、楽しかったんだよね!」

「へ~そうなんだ…」 これは、気持ちが合っていませんね。

 

ペーシングでは、声の調子や話し方などから、

相手と気持ちも合わせていくことが大切です。

ペーシングというと、難しく聞こえるかもしれませんが何のことはありません。

相手が苦しいと感じていたら一緒にその苦しさに寄り添い

楽しかったり、嬉しかったら一緒に喜ぶことです。

 

POINT 2・・・受け入れてくれる人

 

人が話をする時に恐れている事は何だと思いますか?

それは、「分かってもらえないんじゃないだろうか?」

「否定されるんじゃないか」 というこの2点です。

人は、承認欲求というものがあります。

簡単にいうと”人から認められたい”気持ちです。

 

この気持ちがあるから、

相手に自分が湧き上がってくる気持ちを話たいのです。

話して、「そっかそっか~」って聞いてほしいのです。

 

不満を言うのも、

こんなに自分が頑張ってきたのに報われてないか

もっとこうしたいけど、できないんだよ。

という気持ちなどをわかって欲しいからです。

 

こんなことがあってね、うれしかったの!楽しかったの!

という事も、相手と気持ちを共有して

こんな事があったことをあなたに知って欲しいのです。

 

怒りも、自分の大切な部分を傷つけられた!

という事をわかって欲しいのです。

悲しみも、怒りも、喜びも、一人で味わうのではなくて、

人に言いたい気持ちがでてくるのは、

自分のそういった気持ちを認めて欲しいから、聞いてほしいからです。

 

その時に「それ違うんじゃないの!?間違っているんじゃないの!?」

と言われると、しゅんとしてしまうのです。

自分の気持ちに蓋をしてしまうのです。

「あ~この人には、話してはいけないんだ、分かってくれない」

となるのです。

 

すると、「言わないでおこう」となるのです。

そうなると、さぁ~大変、あなたに話してくれなくなります。

では、どうしたらいいんでしょうか?

 

話しやすい人は、相手を受け入れる事が上手なのです。

真っ向から否定するのではなく、

「そっかそっか、どうしたの!?話を聞かせてね。」

と話を聞いてくれるのです。

あなたの意見をいう事も大事なケースは多くあります。

 

ただ、まずは”聞いて”みることです。

「それはさ、あなたが悪いよ!」とジャッジする前に、

”どうしてそう思ったのか” ”どんな思いがあったのか”

などの背景を聞いてあげてください。

 

相手が話そうとドアを開いたのですから、

そのドアの先の世界を一目見て、

いきなり「いや、これは違うんじゃない!」

とドアを閉めるのではなく、

まずは、ドアを開けて一緒にそのドアの向こうの話を聞いてみてください。

 

すると、その先にさらに様々なドアがあることに

、違う世界があることに気づくはずです。

受け入れるとは、そういった世界を聞いていくということです。

 

そして話しやすい人は、そういう世界があることを知っているのです。

まず、相手のその世界に入らないと決してその先のドアは開かないのです。

意見をいうのは、そのドアを開いてからでも遅くありません。

 

POINT 3・・・相手の話をとらない

 

話しやすい人は、話しの主役を奪いません。

主役を奪うとはどういうことかというと、

自分の話を聞いてもらっていて、

いつの間にか相手の話になっているということです。

話し手(主役)聞き手(脇役)が交代してしまう事です。

 

こんな事ありませんか?

 

A:「いや~、昨日さ面接に行ったんだけどさ、なんかすごい圧迫面接で、、、」

B:「そっか、それは大変だったよね。いや俺もさ実はこの前さ、同じでさ、聞いてくれよ!」

このように、主役がAさんからBさんに移ってしまうことが。

こうなると、Aさんは主役を降りて、Bさんの面接の話を聞く事になるのです。

Aさんが話をしたかったことは後回しになるわけです。

 

日常会話でこういうシーンは多くあります。

会話を取ることが問題ではありませんし、

こういう会話でも問題ないのですが、

こういう事が続くと、「俺も話したいんだけど!てか、俺の話は、、、」

という気持ちが話し手に湧いてきて、不満が残るのです。

 

何でかというと、”話したい話”を話せてないからです。

話しやすい人は、主役を奪いません。

相手の話をするときは、聞き役に徹して、

あなたの話したい話を聞いてくれます。

話を聞いているつもりで、いつのまに自分の話になっていませんか?

 

POINT 4・・・むやみにやたらにアドバイスをしない。

 

話しやすい人は、むやみにやたらにアドバイスをしません。

話を聞いていると、こうした方が良いのに。

なんて気持ちが湧き上がってくることがありますよね。

すると、ついつい「~した方がいいんじゃない」

なんてアドバイスをしたくなります。

 

ただ、すこし考えてみましょう。

”相手は解決を望んでいるのか?” ということです。

話しやすい人はしっています。

みんながみんな”解決してほしい”と思っているわけではないことを。

ただ、話を聞いてほしい人も世の中にはいるのです。

愚痴や不満や、楽しかったことなどを言いたいだけの人もいるのです。

こちらの方がむしろ解決したい人より多いかもしれません。

 

さて、悩みを話しやすい人と、話しにくい人の4つの違いを説明させてもらいました。

もし、なかなか相談されないんだとしたら、このどれかに当てはまっているのかもしれませんよ!

 

横浜で話の聞き方をお伝えしています!

・悩みを一歩に変える聞く技術↓

■日時:2016/3/12(土)16:00~19:00
■場所:中央第六関内ビル11階フロア 大会議室
(横浜市中区不老町1-2-1 中央第六関内ビル 関内駅南口より徒歩3分)
詳しくはこちら!
■料金:¥5,000 ※当日お支払下さい。

■ブログランキングに参加しています!
ポチっと押して頂けると嬉しいです(^-^)

コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

■気軽に心理学が学べるお教室『横浜実践心理学教室』■
毎週(土)14:10~15:40 無料開催中 詳しくはこちら!
■悩みを聞く技術~相手をいたわる編~■
3/12(土)16:00~19:00 横浜市中区不老町1-2-1 中央第六関内ビル(最寄駅:関内)
詳しくはこちら!
■カウンセリングルーム こころ音■
失恋・喪失・人間関係の別れによる悲しみのケア詳しくはこちら!

Copyright© 2010 横浜実践 傾聴講座! All Rights Reserved.