ども!横浜で聞く技術の講師をしている野川です。

今日はちょっと、父親とお酒を久しぶりに飲んで、

ほろ酔い気分です。

僕はお酒が好きなんですが、なかでもスパークリングワインが好きです!

それで、近くのイオンで安いのをかって、

二人で晩酌しました。いや~おいしかった!

 

さて、今日は「なぜ聞く技術が必要なのか?」です。

 

世の中には技術なんていらない。

大切なのは思いだ。

相手の存在を認める事だ。受け入れる事だ。

在り方が大事だ。

 

という方がいますね。一方で、

 

いや、思いがあってもそれを伝える技術がないと意味がない。

在り方だけでも、空回りするだけだ。

存在を認めるにも、ある程度技術が必要だ。

相手がよくなっていくには、自分の在り方より技術が大切だ。

 

そういう人たちもいます。

 

僕の答えはこうです。

両輪があって初めてバランスが取れて、安定して走れる。

というのが僕の答えです。

 

思いもあり方も大切です。

でも、思いだけではなかなか伝わりません。

その思いを形に変える技術があってこそ、その思いが活きてきます。

 

一方で、技術だけでは人は動きません。

その技術には思いがたいせつです。思いは魂です。

魂を込めないと技術は意味を持ちません。

 

相手の話を聞く時も、相手の悩みを聞く時も

カウンセリングをする時も同じです。

 

技術だけでも、思いだけでもあり方だけでもダメです。

 

両輪があって初めて意味を相乗効果を発揮するんです。

技術だけでもダメ。

思いだけでもダメ。

 

両方が大切なんです。あなたは偏っていませんか?

ちなみに僕は少し技術に偏っています(おぃ(^^;

 

■ブログランキングに参加しています!
ポチっと押して頂けると嬉しいです(^-^)

コミュニケーション・会話 ブログランキングへ

■気軽に心理学が学べるお教室『横浜実践心理学教室』■
毎週(土)14:10~15:40 無料開催中 詳しくはこちら!
■悩みを聞く技術~相手をいたわる編~■
3/12(土)16:00~19:00 横浜市中区不老町1-2-1 中央第六関内ビル(最寄駅:関内)
詳しくはこちら!
■カウンセリングルーム こころ音■
失恋・喪失・人間関係の別れによる悲しみのケア詳しくはこちら!